Linux版のsqueakvmを作成するDockerfileを公開しました

世界中で使っている人がいるかどうかわからない、ubuntu Linux用の32bit版squeakvmとScratch Pluginをビルドする Dockerfile を公開しました。

https://github.com/EiichiroIto/docker-scratchvm386

build.sh でdockerイメージを作り、run.sh でdockerコンテナを作ってカレントディレクトリに scratchvm396.tgz ファイルを生成します。

以前の記事のパッチ適用済みです。

はじめてDockerfile作ったのでうまくいってるかわかりません。

ubuntu 18.04などでこのVMを実行させるには共有ライブラリが必要です。

64bit版のときは、

sudo apt install libasound2:i386 libpango1.0:i386 libcairo2:i386 libxt:i386 libv4l:i386

のようなことをやっておく必要があります。

 

開発(改造)に用いるツール

Smalltalkは単なるプログラミング言語ではなく、クラスライブラリやさまざまなツールを含んだプログラミング環境です。Scratchの改造においても、そういったツールを駆使して作業を行います。

この記事では、Smalltalkにおける開発(改造)で頻繁に用いるツールについて簡単に紹介します。それぞれのツールについては、別の記事において詳しく説明します。

“開発(改造)に用いるツール” の続きを読む