Squelch: a porting of “Based on Scratch” to Pharo4.0

これはSmalltalk Advent Calendar 2017の記事です。

Pharo上でScratch 1.4(Based on Scratch)を動かしてみた。

Scratch 1.4(Based on Scratch)を素のままで使うと、元のSmalltalkシステムが古いのでいろいろと新しいチャレンジがしにくい。最近のSmalltalk実装であるPharoには、Based on Scratchから派生した Phratch があるが、かなりの修正が加えられている。

そこで、できるだけ元の雰囲気を活かしながら Pharo に移植してみた。1年ほど前から取り掛かってしばらく放ったらかしだったのだけど、Pharo のバージョンも進んでいくのでとりあえずの版を公開してみた。

https://github.com/EiichiroIto/Squelch

Morphic の仕組みも微妙に違っているのでうまく動かないところがあるが、少しずつ新しい Pharo にも対応させていきたい。

Linux版squeakvmの作成

これはSmalltalk Advent Calendar 2017の記事です。穴が空きそうだったので、あわてて作りました。

Ubuntu Linuxなどでパッケージ配布されているScratchのVMでは、ScratchSourceCodeのイメージで起動することができません。(真っ白な画面が表示されてフリーズします)

ScratchのVMは実際にはSqueak SmalltalkのVMですが、どうやらバージョン4系のVMはどれもScratchSourceCodeのイメージで起動できないようです。

そこでSqueak-3.9-8のVMをビルドして使うことにします。32bit版を作るため、普段使っている64bit版のUbuntuではなく、32bit版のUbuntuでビルドします。私はVirtualBox上のlinuxBeanを使ってビルドしました。

64bit版のUbuntuでもビルド可能ですが、i386パッケージを大量にインストールする必要があるので、あえて32bit版をインストールしてビルドしました。

“Linux版squeakvmの作成” の続きを読む